ML30 Gen9にIcy Dockをつけた。P440のMiniSAS変換の話

ML30 Gen9にIcy DockのMB994SP-4SB-1をつけた。

Icy Dockは4本のSATAコネクタになっているので、だいたいのRAIDカードであればSFF-8087から4xSATAへのファンアウトケーブルで接続すればOKなはず。ML30にもオンボードのSFF-8087コネクタがあるのでそこなら接続できるんですが、P440を積んでるのでせっかくだからこっちにつなげたい。でもカード側のコネクタが特殊コネクタのdouble-wide SFF-8087とか言われるものになっていて、これを2つの内部SFF-8087に分岐しているのでどうにもつながらない…

分岐先でこういったジェンダーチェンジャーを使ってあげる方法があるみたいだけどちょっと高い。送料込みだとこのちっこいのに7000円くらいかーと思ったらちょっと。
https://www.pc-pitstop.com/sff-8087-female-gender-changer

色々調べてたらSilverstoneのSA011という外部mini-SASに変換するアダプタが3500円くらい、外部mini-SASからファンアウトする短めのケーブルが1800円(送料込)でAliexpressで見つけたので、組み合わせてつないでみた。

まあいうてそこそこ値段するんですけど、あとあとSA011は後々本来の用途にも使えなくはないかな、と思うことにしてつなげてみます。

2つを組み合わせたらこんなかんじ。ちょっと長いね。

P440から出てるSFF-8087の片割れとIcy Dock。電源はNHP用のケーブルから出てました。ラッキ~

つないで~

こんなかんじでおさめました。
ちなみにホットプラグ電源の場合下側の5.25インチベイはユニットが邪魔して奥行き足りません。なのでDVDドライブと交換です。上のほうはちゃんとクリアランス取れてるので大丈夫です。

で、認識すんの~ってのとこですけど、ちゃんとしました

試しに転がってた120GBのSSDをつけてぶっ刺し。ホットプラグLFFのほうはPort 1 Box 1 Bay1~4で認識してますが、Icy Dock のほうはBoxが抜けてPort1 Bay1で認識しました。アレイも作ってみましたけど大丈夫そうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください