Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

B140iで出る1785の警告をどうにかする

ProLiantのGen9サーバーでオンボードのB140iに光学ドライブ以外接続していない構成なのに光学ドライブを構成せい!やらディスクねえ!やら警告が出てブートが遅くなるのをどうにかする話です。再起動時のダウンタイムはできる限り短くしたいですよね。
今回はML110 Gen9で、ストレージは全部P440にぶら下がっている構成です。

以降の手順はB140iの動作モードを変更するため、B140iに光学ドライブ以外のHDDやSSDを接続していた場合アレイ構成やデータの消失につながることがあります。また、動作モードを変更するためB140i上ではアレイを組めなくなります。操作内容や作業対象の構成を理解したうえで参照してください。

エラーメッセージはこんな感じで、ブート中に20秒くらいの遅延が走ります。

Embedded Storage : Dynamic Smart Array B140i - SATA Optical Drive 1 - Configuration Required

 

F2で詳細を確認すると、B140iで 1785 の警告が出ています。

1785-ドライブアレイ 構成されていません ドライブが何も検出されませんでした。

英語だと以下のメッセージだと思います。

1785 drive array not configured

そうですね、という感じです。HPEのサポートでも、このコントローラに何もつないでいなければ無視して構わないとあります。
通知: HPE ProLiant Gen9 サーバー – HP Smart アレイ Gen9 コントローラーにハードドライブが接続されていない場合、「1785」 POST エラーメッセージが表示される場合がある

残念ながらこの警告は確認して消去とかできないのですが、B140iの動作モードをRAIDモードからAHCIモードに変更することでそもそもの構成の必要をなくして警告を無くすことができます。B140iを無効化する方法もありますが、それだと光学ドライブが使えなくなるので不便です。

構成方法ですが、SSAにあるかと思いきやオンボードなのでRBSUのほうから設定します。HBAの場合SSAからなんですけどね。

ブート中にF9でSystem Configurationに入って、RBSUに入ります。

システムオプション > SATAコントローラーオプションで内蔵SATA構成を変更します。

警告が出ます。RAIDモードはUEFIでしか動かないよ、という警告なので今この画面でRAIDモードであれば無視できます。

SATA AHCIサポートを有効にします。

F10で保存して再起動します。

警告がなくなって待ち時間が3秒くらいに短縮されました。やったね。

最初にも言いましたがモード変更をするとB140iではアレイを組めなくなるので、B140iでRAIDしたくなったら説明した設定をもとにもどしてあげればOKです。

ML30 Gen9にIcy Dockをつけた。P440のMiniSAS変換の話

ML30 Gen9にIcy DockのMB994SP-4SB-1をつけた。

Icy Dockは4本のSATAコネクタになっているので、だいたいのRAIDカードであればSFF-8087から4xSATAへのファンアウトケーブルで接続すればOKなはず。ML30にもオンボードのSFF-8087コネクタがあるのでそこなら接続できるんですが、P440を積んでるのでせっかくだからこっちにつなげたい。でもカード側のコネクタが特殊コネクタのdouble-wide SFF-8087とか言われるものになっていて、これを2つの内部SFF-8087に分岐しているのでどうにもつながらない…

分岐先でこういったジェンダーチェンジャーを使ってあげる方法があるみたいだけどちょっと高い。送料込みだとこのちっこいのに7000円くらいかーと思ったらちょっと。
https://www.pc-pitstop.com/sff-8087-female-gender-changer

色々調べてたらSilverstoneのSA011という外部mini-SASに変換するアダプタが3500円くらい、外部mini-SASからファンアウトする短めのケーブルが1800円(送料込)でAliexpressで見つけたので、組み合わせてつないでみた。

まあいうてそこそこ値段するんですけど、あとあとSA011は後々本来の用途にも使えなくはないかな、と思うことにしてつなげてみます。

2つを組み合わせたらこんなかんじ。ちょっと長いね。

P440から出てるSFF-8087の片割れとIcy Dock。電源はNHP用のケーブルから出てました。ラッキ~

つないで~

こんなかんじでおさめました。
ちなみにホットプラグ電源の場合下側の5.25インチベイはユニットが邪魔して奥行き足りません。なのでDVDドライブと交換です。上のほうはちゃんとクリアランス取れてるので大丈夫です。

で、認識すんの~ってのとこですけど、ちゃんとしました

試しに転がってた120GBのSSDをつけてぶっ刺し。ホットプラグLFFのほうはPort 1 Box 1 Bay1~4で認識してますが、Icy Dock のほうはBoxが抜けてPort1 Bay1で認識しました。アレイも作ってみましたけど大丈夫そうです。

AliexpressでProliant Gen9用の3.5inch HDDキャディを買った

普通に動いた!

Aliexpressを覗くとそれなりにGen8,9用のHDDキャディが売られてるわけですが、今回はここで買ってみました。2.5インチの変換アダプタがついてたので、部屋に転がってるSSDでもつけよっかな~という考えです。
ストアのリンク貼っておきますが、以下に紹介するものと同じものが届くとは限らないのでご注意ください。リビジョン表記のないパチもんもあるらしいので…

9/2に注文、9/5に発送、9/15に届きました。違いを見ていこう~

写真は上が正規品で、下が購入品です。

パーツナンバーは同じみたい。リビジョンと印字が違う。

色しか違いがない

右側はフレキの印字が違う。正規品はCとあってなんかの数字とロゴがあるけど、購入品はBのみ。

正規品のほうがきたない!若干色が違う

奥のチップは同じっぽい

 

 

今回は部屋に転がっていたST4000DM004くんに実験台になってもらいます

 

既存のディスクはRAID1+スペアなので、Bay4に挿入

 

ちゃんと認識されてるっぽい

 

アレイ作ってあげたあと、iloで見ても正常と申しております

 

パチもんってわけではなさそうだし、廃棄品から抜いてるのかなぁ

SRX240のファン

ネジ外すだけでかんたんに蓋は開けられる
らくちんだね ぱっかーん

Juniper SRX240 motherboard

Juniper SRX240 motherboard

DELTAのAFB0412SHBが6つついている 普通の3pinファン。
最大11000RPMらしく起動したときは掃除機になる
普通のときは一昔前の冷蔵庫くらいの音かな
うるさいから交換したいかも

Juniper SRX240 fan

Juniper SRX240 fan

移設

ConohaからLightSailに乗り換えました
とりあえず一番安いメモリ0.5GBのやつで動かしてて、Conohaの1GBプランから落としたので費用は半分以下に圧縮できました。

実際のところメモリが半分になったのだけれど、php-fpmのプロセス数を調整して100MBくら空きがあるようにしておきました。swapも設定しておいたのでとりあえずは大丈夫そうです。

Conohaからの移設に伴ってphpのバージョン上げたりしたのがよかったのか、単純にawsがよいからなのかわからないですけど、Zabbixのグラフを見たらこのサイトのレスポンスタイムは 500ms~600msが200~300msくらいに改善してました。

certbotでLet’s Encrypt あれこれ

最近webコンパネのあるソフトはどれもhttpsになっていて、owncloudやesxi,zabbixなど証明書のエラーがうるさいのでLet’s Encryptで証明書を取った。
webrootとstandaloneの2種類があるみだいだけど、webrootがうまく行かなかったのでstandaloneにしている。

証明書を取るためのcertbotはepelにあるのでyumでインストールできる。gitから持ってきてもいい。

yum install certbot

証明書の取得はいかのコマンドでできる。初回のみ、–agree-tosオプションが必要になるかもしれない。

certbot certonly --standalone -d depra.net

この段階でなんらかのエラーが出たときには、だいたい80か443を他のプロセスが開いている。certbotが使うので証明書取得の際は開けておく必要がある。

証明書を取るともろもろ/etc/letsencrypt/live/配下に保管される。多分取得したあとのコマンドの結果に書いてある。nginxにはこの中にある証明書と鍵を指定してあげる。
serverディレクティブに以下を書いておけば大丈夫なはず。

listen 443 ssl;
ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/depra.net/fullchain.pem; ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/depra.net/privkey.pem;

だけども90日ごとに更新が必要だし、standaloneだとnginxをとめないといけない。めんどくさいのでcronとcertbotのオプションで自動にした。
毎月20日の朝4時に動かすようにした。

00 4 20 * * certbot renew --pre-hook "systemctl stop nginx" --post-hook  "systemctl start nginx"

証明書の更新は必要なしと判断された場合はpre-hookもpost-hookも動かないので安心。定期再起動感覚で動かしている。サーバー停止させたくない場合は、webrootのほうがいい。
実際のところはlocal利用のサーバーに証明書を渡したりしているので(多分よくない)、post-hookにはスクリプトを指定して、nginxのスタートと証明書をrsyncするようにしている。

証明書のエラーがないだけでかなりストレスフリーです。

ドメインの移管をしました

depra.netのドメイン更新が近づいていたので、お名前からvalue-domainに移管してみました。
なんだかvalue-domainのDDNSがDiceだったりPOSTで更新ができる気の利いた仕様になっていたので、移ってみようかと思った次第です。(お名前のDDNSは独自クライアントのみ)

移管というと結構時間がかかりそうな印象だったのですが、お名前側で認証鍵を取ってきてValue-domainで申請、value-domainとお名前からそれぞれメールが来て承認、移管完了と4時間くらいで一通りの手続きが終わりました。

移管後にお名前のネームサーバーからvalue-domainのネームサーバーに移して、あ!お名前のレコードバックアップするの忘れてた~~ってこと以外は何も問題なかったです

 

 

Cities:Skylinesの駅アセットを作っています

DSC02403

みどりの駅

つくばエクスプレス TX-2000の車両アセットを作ってから日が経ちましたが、実はTX-2000完成後に着手していた駅アセット作成を今も続けています。
めちゃくちゃ時間かかってるわけですが、TX-2000自体も車両アセット作れるようになってから作成した物なので、これも夏の終わりまでに完成すれば早い方かな?

DSC02366

ホーム

作ってるのはつくばエクスプレスのみどりの駅、普通の高架駅です。
今はSketchupでのモデリングとBlenderでのUV展開が終わったところで現在はPhotoshopを使ったテクスチャ作成に着手しています。

ここからが長いんですけどね~ ゆっくり進めます。

station

Blender

Windows10でペンタブレットの波紋を消す

Windows10非対応のワコムペンタブレットで波紋エフェクト(視覚効果)を消す方法です。
Windows10では以前有ったサービスを停止する方法、グループポリシーエディターやレジストリエディタで設定を変更する方法は使えませんが、わかりやすい場所かはさておき、ちゃんと設定項目を用意してくれました。
視覚効果を消す設定は以前からあるコントロールパネルではなく、新設された”設定”の中にあります。

startmenu
スタートメニューから設定を開く

device-setting
デバイスをクリック

pen-setting
左のメニューからペンを選択、視覚効果を表示する を オフ

ドライバのバージョン・機種によってはワコムドライバの設定にこれらと同等の設定項目があるようですが、Windows10でドライバサポートを打ち切られた機種、すでに旧製品になったペンタブレットには有効な設定だと思います。

テストしたタブレット
CTE-450 ドライバV5.3.5-3
CTH-661 ドライバV5.3.5-3

ServersmanからConohaに

WordPress用VPSをDTIのserversmanからGMOのConohaに変えました。
レスポンスがよくなって快適です。Apacheからnginxにしたのも効いてるかな?
移行に伴ってとりあえずテーマはTwenty Twelveにしてますが、そのうち自分で作ってみます。